脱ビジTopページ
 

脱ビジ未満の情報や日々の買い物・出来事・仕事などについて、徒然に・・・

 


04.07.09.Fri.

手作業で更新していたこのダイアリーですが、ようやくブログのシステムが導入できました。これからはこちらの方でご覧ください。是非、コメントもくださいね♪


04.07.06.Tue.

昨日の朝は辛かったです。激しい頭痛に立っていられないほど。右半身もガチガチに凝っていて、ちょっとやそっとのストレッチじゃどうにもならない。

連れ合いに一日OFFの了解をもらって、とにかく終日ゴロゴロしていました。そんなふうに休めたのは久しぶりのことだったので、小さな感動すら覚えた私です。からだを休めるってこういうことなんですよね。

ゴロゴロのお供に選んだのが、以前書評を見て取り寄せた『女たちのパワーブック』というブックレット。ノルウェー労働党女性局編、三井マリ子・山中紀代子訳。(かもがわブックレット150)

どういう気持ちで取り寄せたのかよく思い出せないままに、ページをめくったのですが、読んでいるうちにわかりました。

自分の意思や考えを発表したり、人と意見交換をしたりする技術を習得するための、アドバイスを求めていたのです。ディベートとか、スピーチとか、昔はそれほど抵抗なかったのに、ここ数年ずいぶん苦手意識を持つようになっていたから。

人前で上手に自分の意見を語れないというのは、もちろん個人の特性ということもあるでしょう。経験値の低さ、失敗経験による自信喪失もあるでしょう。
でもそれらに加えて、性差による役割分担という幼い頃から有形無形で押し付けられてきた概念(無意識のうちにという場合も含めて)も遠因になっているんじゃないかな、と、この本を読みながら思いました。

そういったことを一度きちんと認識すれば、解決する方法が見えてくるのですね。
どういう考え方をすればストレスを感じずにすむか、どういう準備をすれば落ち着くことができるのか。ちょっと学べたような気がします。スピーチやディベートの具体的なテクニックも紹介されてあり、参考になりました。

政治の分野で男女平等の達成率が世界トップの国、ノルウェー。どの政党も女性議員を増やすため、研修や訓練に並々ならぬ力を注いできて、この本もそんな中から生まれた一冊だといいます。
つまり、そもそもこの本は女性が政治運動をおこすための研修本なのですが、そういう世界とはまったく無縁な私にとっても、大切なことが記されていると感じました。

ブレストは好きだけどディスカッションには腰が引けてしまう私。議論を展開させることに自信がなく、対立や誤解を怖れているのですね。
でも、対立からより良い結果が生まれることは多いのですから、ここを乗り越えなくてはいけません。建設的な批判のし方、され方を学んでいこうと思います。

・・・議論している相手に、「今、議論しているのはその問題であって、あなた個人を攻撃しているのではありません」と、はっきりさせる必要があります。(p.26)

そんな一文を特に抜き出してみたくなりました。

しかし、頭痛のときに読む本ではないですよね。(笑)
ちょっと真面目に書いちゃいました。ちなみに本日は元気です!


06.07.02.Fri.

先週の脱ビジでは、「映画に行こう」キャンペーンを取り上げましたが、このところ様々なキャンペーンの話題を見聞きし、興味を覚えます。

たとえば、先日の朝日新聞「ラジオアングル」で紹介されていた「ラジヲの夜」。なんとこれ、ビールの名前。TBSラジオのオリジナルビールなんですって。
ちょっとアンティークなデザインがなかなか素敵なラベルなのですが、局名はあまり目立ちません。「ラジヲの夜」という商品名のみ、ハイライトが当てられているようで。

昨今では、ラジオを聴いたことすらないって人も増えているのだとか。
確かに私もラジオって聴きません。中学生の頃はあんなに深夜放送が大好きだったのに。
ここ数年、マイカーも持たなくなっているから、クルマで聴くこともなくなっています。家ではCDで好きな音楽は流すけど、ラジオのスイッチはつけませんね。

面白くないから、ではなく・・・。
いや、きっと聴けば面白いんだと思います、ラジオ。
ただ、存在を忘れちゃっているんですよね。普段、まったく意識しません。

きっとそんな、昔はラジオをよく聴いていた「元リスナー」に働きかけようと思ったのでしょう。このビールの開発に携わった人は、「大人がラジオを聴くということは、ビールを飲むくらい当たり前のイメージなのだと思ってほしい」とコメントしていました。
局名よりも、ラジオそのものを印象づけたい、というTBSのキャンペーンは、地味だけど「大人」っぽいね。

ただ、ネットで買うか、赤坂周辺のわずかな店で買うしかない、という販売方法は吉と出るか凶と出るか。うーん、話題性からクチコミで広がるといいですけど。

でも、そうか。ビールを売るのが本当の目的じゃないのよね、きっと。ラジオの存在を思い出して、ラジオをつけてくれる大人が増えることを期待しているんですもんね。
「売らんかな」の商魂が見え見えな販促活動が多い中、こういうキャンペーンは渋く光っててちょっといいな、なんて私は思います。


06.06.28.Mon.

世の中ボーナスシーズンのようで。我が家は現在関係ないのですけどね。ちょっと悔しいなあ。(笑)

昨日の日経新聞で、「買いたい価格」調査の発表をしていて、ボーナス商戦の目玉である「デジタル家電」については、まだまだ割高感を持って受け止められているようだ、と書かれていました。
この手の新製品分野は、これまで技術革新を背景に急速な価格下落を繰り返してきたため、その経験から「まだまだ値下がりするはず」と先安期待感が働いているためだろう、とのことでした。

これはすごくよくわかる。パソコンにしたって、デジカメにしたって、携帯にしたって、本当にあっという間に旧モデルになって安くなってきたからね。買い時を見極めるのは難しくて、いくらボーナスが思ったよりたくさん出たとしても、アテネオリンピックの前に薄型のテレビが欲しいと思っていても、やっぱり慎重になっちゃうんでしょうね。
プラズマテレビなんて60万円以上とかするんでしょ。それがもしかしたら、何ヵ月後かには10万単位で安くなっているかもしれない。危なくて飛びつけないよ。(^^;;

買いたい価格が実勢価格よりも、逆に高かったのが、衣食の分野だとのこと。たとえばハンバーガーは平均183円で、一般的な商品より高い。
ちょっと高めのハンバーガーは去年あたりから人気が出てるものね。(脱ビジ参照)あのマックからも今月、高級バーガー「マックグラン」が発売されたし。
数十円、数百円の違いで、材料や調理法に高級感と安心感が格段に加わり、ボリュームを含めた満足度が高まるのなら、安いものだ、ってところじゃないでしょうか。この分野での価格破壊には、もう飽きているというのもあるでしょう。

服だって安ければいいってものじゃなし。低価格のものと、ちょっと奮発した「良いもの」とを組み合わせたり使い分けたり、工夫するところがまた楽しいわけですよね。
すごく気に入ったジャケットを見つけたけど高かったら、その予算オーバー分、買おうと思っていたサンダルをあきらめよう、などと思うかもしれない。長いスパンで融通をきかせちゃえるのも、ファッションの醍醐味のひとつと言えないでしょうか。多少高くても、商品力のあるものは買いたくなるものです。

なので、消費者の意識が低価格一辺倒ではない、という結論には「そんなの当たり前じゃん」とつぶやいた私でした。ミもフタもな~い。

しかし、ボーナスって素敵な響き。(笑)もしも入っていたら、何に使ったかな。とりあえず旅行に行きたいかな~。と、誰にともなく言ってみたりして。


06.06.21.Mon.

私はマウスではなくトラックボールというのを使っています。「電池の残量が少ないので交換してください」のメッセージを無視していたせいか、このところ感度が悪かったのです。

で、娘が電池を交換してくれました。なのに、まだ動きが鈍く、特にマウスカーソルを上に持っていこうとするとき、まったく言うことを聞きません。

キィィッとムキになっていると、連れ合いが「どうしたの?」と。トラックボールの効きが悪いのよ、とやってみせたのですが、彼はじっと私の親指を見ているのですね。

「なに?」

「あなた、指がボールを滑ってるよ」

そうなのです。私の乾いた親指が滑ってしまうために、ボールが動かなかっただけの話なのでした。それにしても気に入らないのは、この後連れ合いがつぶやいた一言。

「お年のせいで・・・」

むかつきますねえ。

父の日ヱビス写真そんな彼だけど、昨日の父の日には「父の日ヱビス」(写真)でお祝いをしてあげました。(脱ビジ参照)
友だち一家が来たので一緒に乾杯したのですが、やはりヱビスビールは美味しい。ひときわ味わい深かったですね。
「母の日ヱビス」の登場も期待したいです。^^;;

友だち一家とその後、近所の居酒屋「旅籠家」さんへ行きました。ここはチェーン店の割になかなかメニューも凝っていてお料理も美味しいので、気に入っています。キッズルームもあり、子連れでも安心。まあ、うちの子たちはもう大きいのだけど。
帰りに外まで笑顔で見送ってくれたお店の人も、とても感じよかったです。

さてさて、台風がどんどん近づいています。こちらの地方にもさっき暴風雨警報が発令され、間もなく下の娘が小学校から帰ってくるようです。学校から帰されるような荒天は久しぶりなんじゃないかな。

うーん、ちょっと怖いですね。皆さんもどうぞお気をつけて。


04.06.15.Tue.

今度の日曜日は父の日。ずいぶん前からちゃんと意識して、ショップからのメルマガにも注意を払ったり、ネットで探したりもしていたのに、コレ!というものがついに見つからなかったのです。結局、今日、百貨店へ行くことにしました。

買いたいものが決まっているときはネットショップも便利なんだけど、選ぶのが難しいプレゼントなどはやはり、リアル店舗をあちこちそぞろ歩く方が良いようです。一覧性が、比較検討をラクにしてくれるのでしょうか。まあ、悩むんですけどね、いずれにしても。

自分の父はいいとして、連れ合いのお父さんへの贈り物は毎年大いに悩んでしまう。
去年は甚平とうちわともうひとつ何かがついてたセット。その前の年は確か地味目のアロハシャツ。10年以上送り続けていると、そうそう新ネタもなく、ポロシャツなんかはもう数回あげているんじゃないかな。本当に、年配の男の人への贈り物は難しい。

で、何故か東急ハンズの「ごろ寝セット」なるものに決めて、両方の父への配送を頼んだのでした。コンパクトに畳める小さな薄手の敷布団に、ヒノキ材入りの小さな枕がセットされたもので、肌触りが良かったです。ごろ寝セット・・・実は私が欲しいぞ。(笑)

その後、デパ地下のベーグル屋さんに行くと、OLっぽい人が3人並んでいました。迷ったけど待っていたら、ここの店員さんが第一級の自然な笑顔で、応対もすっごく感じが良かったのです。小さなお店なんですけど、楽しそうな仕事ぶりに、こちらまで思わずニッコリ。
笑顔、大事ですね。ささやかなことが、気持ちの良いお買い物につながり、余韻の長い好印象となるのです。待ってて良かったわ♪

グロサリー写真 帰りに初めて「成城石井」に足を伸ばしてみました。確かこの4月にオープンしたばかり。東海地区初出店なのよね。ちょっと嬉しい。
近所のスーパーじゃ買えそうもない珍しい食品をいくつか購入。(写真)

なんと、私の大好きな「斑尾高原農場」のオールフルーツジャムも発見! おお、これからここで買えばいいんだわ。
なんだかんだいっても、ネットは送料が惜しくなって小口買いがしにくい面があるのよね。たくさん必要なときはいいんだけど、ジャム一瓶、ではねえ。

アンチョビスタッフドのオリーブの水煮とか、バリ風カレーとか、チリコンカンとか。お昼前だったので、おなかが鳴りそうだよ~って一人つぶやきながら、ゴキゲンでカゴに入れた私なのでした。
しかし、成城石井、この袋はちょっとカッコワルイのではないでしょうか。うーむ。

久々の街歩き。梅雨なんてどこの話?みたいな好天が続いていますから、思い立って出かけるにはちょうど良かったです。まあ、睡眠不足でなければ、もっと楽しめたかもね・・・(^^;


04.06.08.Tue.

サイトリニューアルからそろそろ一週間。脱ビジ未満の商品やお店のこと、いろいろ書きたかったはずなのに、ここのところ実務と所用がたてこんでいて、情報収集がままなりませんでした。街にも出かけていないなあ。いかんなあ。えへへ。

今日は、新聞類やメールボックスにたまってしまったメルマガに目を通しています。脱ビジ視点で読もうとしているのに、いつのまにか脱線してショッピングモードになっていたり。(笑)
アマゾンでは今、「1万円以上お買い上げで、Amazonギフト券1000円分還元!」キャンペーンをやっているんですね。知ってました? 1割って、大きいですよね。1500円以上は送料もただだから、かなりお得感があります。

メルマガも気がつけばかなりの数、購読しています。今日みたいにたまってしまってから読む場合は、サブジェクト見ただけでゴミ箱行きのものも多いですね。
あとは、ささっーとスクロールだけはしてみるけどほとんど読んでいないもの、途中まで読んで興味を失い読むのをやめてしまうもの、じっくり最後まで読むもの、といろいろあります。

最後まで読んで、満足感も得られて「面白いよねえ、これ」と大きな(笑)独り言をつぶやいてしまうものなんぞもあり、ああ、こういうものを配信し続けられたらいいよなあって、つくづく思いますね。
今一番お気に入りなのは、「たんぽぽ隊通信」でしょうか。テーマも切り口も好きだし、筆力もあってウィットに富み、毎回、すごく面白いです。

うーん、脱ビジは、どうなのかな。
感想を書いてくださる読者さんには本当に感謝しています。感想をくださらないまでも、多くの人に「面白い」と思って読んでいただけていれば嬉しいのだけど・・・心から願っている私。頑張って楽しんで書きますからね。よろしくお願いしますね。
せめて、即ゴミ箱行き、だけはまぬがれたいなあ。本音、です。^_^;

梅雨入りして三日目になるのでしょうか。どうもこの空の色と降ったりやんだりの雨が、気持ちまで重く湿らせてしまうようで、仕事がなかなかはかどりません。
しかし。ぼーっとしがちな頭でPCに向かっている私の傍らで、テンション高く気合を入れまくっている連れ合いが。寝る間も惜しんで仕事している彼の様子を見ると、甘えたことも言ってられないか、という気分になりますなあ。

さあ、お仕事お仕事。外は雨。
あ、今年こそ雨の中のあじさいの写真、撮っておかなくちゃ。
ってまた、すぐに違うこと考えちゃう~~~っ!


04.06.02.Wed.

脱ビジのサイトをリニューアルしよう、と決心してから数週間。ようやく、ひとまずのオープンに漕ぎつけました。

といっても、まだ未完成ではあるんだけど。
たとえば、この雑記帳ページ。今、連れ合いがcgiから作ってくれているのですが、多忙で仕上げにとりかかる時間がない様子。なので、しばらくはhtmlでページに書き込む形となります。(早くラクさせてくれ~>isopi)

さて、ダイアリー形式の雑記帳がなぜ欲しかったか、なんですが。
今日の配信で脱ビジもVol.44となりました。これまで、時期によって事例にする候補のネタにムラがあるのが悩みのタネでした。質も、数もです。
その回に選ばれなかったネタたちも、次に回せるものばかりでなく、そんな落選ネタもどこかでサラリと紹介したかった気持ちが、まずあります。

また、メルマガでじっくり取り上げるほどではないけれど、「ちょっとこれって良いと思わない?」ってネタが、けっこう身の回りで転がっていて。買って大正解だったなって商品や、お店でのホンワカ・エピソードとかね。
そんな「脱ビジ未満」なネタたちに、光を当てる場が欲しかった、というわけです。

それと、ついでに日々の出来事や仕事を通して、私が感じたり考えたりしたことも、記録しておけたらいいな、なんて思いました。あれ、これは備忘録ってこと?・・まあ、そんな感じです。

写真をよく撮るんですけど、ここにはそれも貼り付けてみようと思います。私自身の、モノや店を見る視点が鍛えられそうな期待が持てますし、読んでくださる方も、写真があればわかりやすいし、字だけよりちょっと楽しいでしょ?って思いまして。
メルマガでは伝えきれなかったニュアンスを、後日、現物の写真をUPして見ていただく、なんてこともアリかな?と考えたりもしております。
・・・いや。そうはいっても、多分関係ないものがほとんどでしょうけど。(^^ゞ

トンボ玉写真というわけで、早速。(笑)
1枚目の写真は、これです!
先日、ポネちゃんの取材にくっついて滋賀県は長浜の黒壁スクエアに行ってきました。そこでトンボ玉作りに挑戦。すごく面白かったです。
けっこう可愛いでしょ? 初めてのことなので、多少いびつではありますが、まあそこはご愛嬌ということで。

それでは、今日はこのへんにしておきます。
どんなページに育っていくか、私自身まったくわかりませんが、楽しんで書いていきたいと思いますし、あなたにも楽しんで読んでいただけたら、本当に嬉しいです。
こちらのページも、これからどうぞよろしくお願いします♪